出会いに関する記事

看護師との出会い方【白衣の天使という幻想は捨ててください】

 

「白衣の天使」と呼ばれる看護師と付き合ってみたいです。
看護師との出会い方や、付き合うコツなどを教えてください。

 

今回はこんな悩みにお答えします。

 

 

この記事を書いた人

レイ プロフィール

この記事を書いている僕は、マッチングアプリ歴5年ほど。年間30人以上とデートしています。検証をしながら、ロジカルに女性を攻略していくのが得意です。

 

「白衣の天使」と呼ばれる看護師と付き合うことを夢見る男性は、かなり多いはず。そのためには、看護師のライフスタイルや気持ちを知っておく必要がありますよね。

 

本記事では、看護師をとりまく仕事環境や生活の実態を解説しつつ、看護師と出会う方法や看護師と付き合うために知っておくべきことまでご紹介していきます。

 

看護師と出会う方法や付き合うコツを知りたい男性はもちろんのこと、出会いを探している看護師の方にも共感できる内容になっていますので、チェックしてみてください。

 

レイ
当サイトの責任者であるマサさんも、実際にマッチングアプリ「マリッシュ」で看護師と付き合うことに成功しています。

 

少し長い記事(7分~10分ほど)なので、「お気に入り」に保存しておいて、後から読み返せるようにしておくことをおすすめします。

 

看護師に出会いがない理由3つ

看護師に出会いがない理由3つ

看護師は出会いがない職種のひとつ。多くの男性から憧れられる存在なのに、ちょっと意外な事実ですよね。看護師に出会いがない理由は、下記の3つです。

 

①:仕事が激務で余裕がない
②:職場に男性がほとんどいない
③:高収入で自立している人が多い

 

ひとつずつ順番に解説していきます。

 

①:仕事が激務で余裕がない

看護師は人の命と関わるがゆえに、ともかく激務で多忙。特に緊急外来などになると、突発的な対応にも追われるため余裕が全くありません。

 

看護師は勤務体系も複雑なんですか?

 

もちろん医院や看護師個々の状況にもよりますが、早番・遅番・夜勤など生活は不規則。お盆休みや正月休み、ゴールデンウィークなど関係なく働くケースも少なくないです。

 

お休みはシフトですべて決まっていて、融通も効かないことがほとんど。周りが忙しくしているため、よっぽどの事情がなければ有給などのお休みもとれません。

 

すごく大変そうですね。。お休みはどんな過ごし方をしている人が多いんでしょう?

 

仕事と職場の往復でクタクタになっている人が多いです。友達ともなかなか予定も合わないので、家でゲームなどをして体を休めるのが精一杯だったりしますね。

 

その結果、男性との出会いもなかなかなく、婚期を逃してしまっている女性も少なくありません。看護師を狙いたい男性は、この事実を認識しておきましょう。

 

②:職場に男性がほとんどいない

看護師が働く病院やクリニックには男性がほとんどいません。職場恋愛が多いOLやサラリーマンとは、ここが決定的に違うとも言えます。

 

でも高所得な医者を狙っている看護師も、かなり多いんじゃないですか?

 

残念ながら、多くの看護師は医者を恋愛対象として見ていません。看護師が医者を恋愛対象として見ていない理由は、下記です。

 

  • 母数が少ないため競争率が高い
  • 同業者と付き合いたくない
  • 癖が強い男性医師が多い

 

ごく稀に「医者狙いで看護師になりました」という小悪魔的な美女もいますが、これは完全に例外。99%の看護師が患者を助けるために看護師の道を選んでいます。

 

③:高収入で自立している人が多い

看護師の平均年収は450万~500万。その他の職業の女性と比べるとかなり高い所得のため、自立して生活をしている女性が多いです。

 

そんなに稼いでいたら、男性と結婚しなくてもいいじゃないですか?

 

男性に頼らずに生活をしている看護師は多く、実際に40歳までの結婚率は約半数。これは一般的な女性と比較すると、かなり低い数字と言えます。

 

とはいえ、これは看護師が結婚を望んでいないということではありません。精神的に支え合って生きていけるパートナーを探している看護師は、とても多いです。

 

レイ
毎日忙しく働く看護師を支えていける男性が、「看護師から求められる男性」とも言えます。

 

看護師と出会う方法3つ

看護師と出会う方法3つ

看護師と出会う方法は下記の3つです。

 

①:マッチングアプリで出会う
②:街コンや合コンで出会う
③:結婚相談所で出会う

 

ひとつずつ順番に解説をしていきます。

 

①:マッチングアプリで出会う

看護師と出会うには、マッチングアプリが最適。マッチングアプリなら職業別で検索することができるので、看護師にターゲットを絞ることができます。

 

実際に、マッチングアプリで「看護師」を検索すると、かなり多くの女性がヒットします。忙しい看護師にとって、マッチングアプリは効率的に出会える場なのです。

 

おすすめのマッチングアプリを目的別に知りたい方は、「【2020年】マッチングアプリ目的別おすすめ13選【恋活・婚活・遊び 全対応】」をご覧ください。

 

逆に看護師さんはマッチングアプリでどんな人を検索しているんでしょう?

 

看護師がマッチングアプリで求めやすい項目は下記です。

 

  • 高収入
  • 平日休み
  • 非喫煙者

 

まず、看護師は所得が高いため、男性にも高所得を求めます。ごく稀に「私が食べさせてあげる」という女性もいますが、多くの看護師は年収500万以上を求めるはず。

 

次に、ある程度自分の時間をコントロールできる男性は人気が高いです。具体的には、経営者やフリーランスの方だと多忙な看護師と休みを合わせられます。

 

最後に、タバコを吸わないことを鉄則かもしれません。常に病気や人間の生死に関わっている看護師にとってタバコは天敵。看護師と付き合いたい方はタバコをやめましょう。

 

上記を満たさないと、看護師と付き合うのは厳しいですか?

 

もちろん、そんなことはありません。マッチングアプリでは男性からどんどんアプローチをしていくことができるので、やり方次第で逆転は可能です。

 

そのために大切なのが、マッチングアプリ選び。看護師と付き合いたい男性におすすめのマッチングアプリをここでご紹介します。

 

  • marrish(マリッシュ)
  • with (ウィズ)
  • ゼクシィ縁結び

 

上記のマッチングアプリは実際に看護師と出会った方が多いアプリ。それぞれどんな特徴があるのか、サクッとご紹介していきます。

 

marrish(マリッシュ)

マリッシュ

登録費用 登録無料
利用料金 3,400円(税込)/月~
運営会社 株式会社マリッシュ

累計会員数が200万人を超えるマリッシュは、30代~40代女性が数多く利用。20代女性が中心の他アプリよりも、30代~40代男性が使うべきマッチングアプリNo.1です。

 

結婚を意識した真剣な出会いを求めている女性が多く、看護師の利用者も少なくありません。年収証明もできるため、高所得の男性はすぐに登録しましょう。

 

\まずは会員のプロフィールをチェック/

無料登録はこちら

 

with (ウィズ)

with

登録費用 登録無料
利用料金 3,600円(税込)/月~
運営会社 株式会社with

メンタリストDAIGOが監修するマッチングアプリとして話題のwith (ウィズ)。性格診断の機能で相性の良い女性を選ぶこともできるため、内面重視の傾向があるのが特徴です。

 

独自のコンセプトの影響で、外見よりも内面や相性を重視した女性も多いはず。20代の看護師も多いマッチングアプリなので、まずは恋活目的でアプローチしましょう。

 

\まずは会員のプロフィールをチェック/

無料登録はこちら

 

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び

登録費用 登録無料
利用料金 4,378円(税込)/月~ ※男女ともに同額
運営会社 株式会社リクルートゼクシィなび

圧倒的な知名度を誇るゼクシィが運営する、ゼクシィ縁結び。恋愛経験が少ない男性でもコンシェルジュによるデートサポートがあるので、安心して利用できます。

 

ゼクシィ縁結びを利用する看護師のボリュームゾーンは30歳~35歳。ほとんの女性が恋活目的ではなく婚活目的なので、30代後半男性は積極的にアプローチしましょう。

 

\まずは会員のプロフィールをチェック/

無料登録はこちら

 

年収が600万以上の男性は、年収証明ができるマッチングアプリがおすすめ。相手の女性に安心感を与えられるため、看護師とマッチングしやすくなります。

 

②:街コンや合コンで出会う

街コンや合コンで看護師と出会うのも、根強く残っています。看護師の友達や知り合いがいる方は、オフラインでの出会いも並行して活動しましょう。

 

看護師の知り合いや友達がいない場合はどうすればいいですか?

 

看護師の知り合いがいない場合は、あきらめましょう。なぜなら、看護師は世間体もあるため特定のコミュニティ内でしか合コンを行わないからです。

 

また、以前は看護師限定の街コンイベントもありましたが、最近は感染症対策が集客が落ちているため開催がほとんどありません。

 

レイ
運良く看護師のコネクションをもっている人は、存分に活かしましょう。

 

③:結婚相談所で出会う

結婚相談所で看護師と出会うことも無理ではないですが、あまりおすすめはしません。結婚相談所では間にコーディネーターが入るので、職業指定がしづらいからです。

 

確かに、、看護師と結婚したいとはいいづらいかもしれません。

 

実際に結婚相談所で「看護師希望」と言うと、さすがに嫌煙される可能性が高いです。料金も安くはないので、看護師に限定しないことをおすすめします。

 

レイ
マッチングアプリで出会えない時には、結婚相談所に相談してみるのもありでしょう。

 

看護師と出会う方法のまとめ

看護師と出会いたい方は、マッチングアプリで出会うのが最も生産的です。ちなみに、患者の立場で看護師を口説こうとする人もいますが、絶対にやめましょう。そもそも看護師は患者を恋愛対象として見ていないので、印象を悪くして終わってしまいます。

 

マッチングアプリで看護師と出会うコツ3つ

マッチングアプリで看護師と出会うコツ3つ

マッチングアプリで看護師と出会うコツは下記です。

 

①:自己紹介文では寛大さをアピールする
②:看護師以外の職種もアプローチする
③:マッチングアプリは2つ以上登録する

 

ひとつずつ具体的に解説していきます。

 

①:自己紹介文で寛大さをアピールする

マッチングアプリで看護師と出会うためには、自己紹介文で寛大さをアピールしましょう。看護師は日々忙しいので、それを受け入れられる姿勢が重要です。

 

具体的にどういう自己紹介文をつくったらいいですか?

 

マッチングアプリで看護師と出会うには、下記の一言を入れることをおすすめします。

 

「自分の時間を調整しやすい仕事なため、不定休の女性でも問題ありません」

「わりとマメなほうだと思うので、女性に寂しい思いはさせません」

「やりがいやプライドをもって仕事をしている女性と出会いたいです」

 

こういった文章が一言入っているだけで、「私と相性いいかも」と思ってもらえます。自己紹介文ではターゲットを意識することが大切です。

 

プロフィール項目で注意することはありますか?

 

プロフィール項目では、健康面を表す項目に注意しましょう。具体的には、タバコやお酒の項目はできれば控えめに書いたほうが看護師のウケはよくなります。

 

特にタバコに関しては、看護師に限らず多くの女性が拒否反応を示すこと。あなたが出会いを求めているのであれば、タバコをやめるだけでマッチング率は上がります。

 

マッチングアプリで女子ウケするプロフィール術を詳しく知りたい方は、「マッチングアプリでイケメンに勝つプロフィール術」をご覧ください。

 

②:看護師以外の職種もアプローチする

マッチングアプリで看護師と出会いたい方は、看護師以外の職種にもアプローチをしましょう。矛盾しているように聞こえますが、そのほうが看護師と出会いやすくなります。

 

どうして看護師以外の職種にもアプローチしたほうがいいんですか?

 

ひとつのものに固執しすぎると、人はそれしか見えなくなります。つまり余裕がなくなることで、ターゲットとする看護師へのアプローチが重くなってしまうのです。

 

また、他の職種の女性にアプローチすることで、そちらがうまくいくという可能性もなくはありません。同時進行で2~3職種の女性にアプローチしてみましょう。

 

同時進行する場合はどんな職種の女性がおすすめですか?

 

自己紹介文を看護師に合わせている場合は、看護師の属性に近い職種がおすすめ。具体的には下記の職種にアプローチすると良いはずです。

 

 

いずれの職種も勤務体系が不規則だったり、人のために働く仕事という共通点があります。看護師をターゲットにするあなたと相性が良いかもしれません。

 

レイ
マッチングアプリで出会いを探す時は、気持ちに余裕をもって利用しましょう。

 

③:マッチングアプリは2つ以上登録する

マッチングアプリで看護師と出会いたい方は、2つ以上のマッチングアプリに登録しましょう。そのほうが結果的にコスパも生産性も高くなります。

 

でも2つも同時に利用したら、かなり金銭的にもきつくないですか?

 

もちろん、3ヶ月以上ダラダラと続けたら金銭的にもきつくなります。なので、2つのマッチングアプリを利用するのは1ヶ月間がおすすめ。

 

実際にコストで比較すると、下記の通りです。

 

  • 1つのアプリを3ヶ月→約9,000円
  • 2つのアプリを1ヶ月→約8,000円

 

マッチングアプリは、利用後1ヶ月が最もマッチングしやすい仕組みになっています。金額の差額以上に、2つのアプリを1ヶ月利用したほうが結果もでやすいです。

 

2つのアプリはどうやって選んだらいいですか?

 

実際に3~4つのアプリに無料登録をしましょう。3~4日間実際に利用をしてみて、最も看護師とマッチングしたアプリを2つ有料登録するのがベストです。

 

レイ
マッチングアプリによって看護師の比率に差があるので、必ず無料登録して状況をチェックしましょう。

 

看護師との出会いに向いている男性の特徴3つ

看護師との出会いに向いている男性の特徴3つ

看護師との出会いに向いている男性の特徴は下記です。

 

①:看護師の多忙さに理解がある男性
②:平均以上の年収がある男性
③:マメなケアができる男性

 

ひとつずつ順番に解説していきます。

 

①:看護師の多忙さに理解がある男性

看護師という職業は本当に多忙です。早番・遅番・夜勤と勤務体系も様々で、OLのように仕事帰りにデートをするということは難しいと言えます。

 

そのため相手の女性にある程度合わせられる男性が、看護師と付き合うのはぴったり。経営者や同じような勤務体系の方だと、相手も気兼ねなく付き合えるはずです。

 

夜勤の週なんかは、体力的にも相当大変そうですね。

 

そうですね。特に看護師になって間もない20代前半の女性だと、夜勤に慣れるのに2年以上かかるということも。新人の頃は恋愛どころではないという女性も、少なくありません。

 

男性が看護師に抱いている「白衣の天使」といったイメージとは、ある意味では真逆とも言えます。とはいえ、これが理解できないと看護師との恋愛は難しいです。

 

レイ
あなたが看護師の実態を理解できそうであれば、ぜひ看護師との出会いにチャレンジしましょう。

 

②:マメなケアができる男性

看護師との出会いには、マメなケアができる男性が向いています。毎日不規則な勤務を続ける看護師は、体だけではなく精神的なストレスも大きいからです。

 

デートの日程とかが合わないと、お互いにストレスになってしまいそうですね。

 

擦れ違いが続けば、女性も不安になって当然。寂しい気持ちになっている彼女に対して、優しくケアができる男性でないと、看護師との恋愛は続きません。

 

下記は看護師と付き合う男性の悪いパターンです。

 

①:会えない日が続き、彼女が寂しい気持ちになる
②:不安になって、LINEなど連絡の頻度が上がる
③:それに対して、男性が面倒くさいと思ってしまう

 

彼女の仕事やライフスタイルを理解し、下記のように優しい言葉でケアをしましょう。

 

「最近なかなか会えていないから、次会う時には旅行でも行ってゆっくりしよう」

 

そういったマメなケアがあれば、あなたに対しての信頼度も上がります。多忙な彼女に対して何をしてあげれるかを考えつつ、付き合うことが大切です。

 

③:平均以上の年収がある男性

平均以上の年収がある男性のほうが、看護師との出会いには向いてます。具体的には、看護師の平均年収である500万以上はあるとベストです。

 

彼女よりも年収が低いとどんなマイナスがありますか?

 

看護師の彼女よりも年収が低い場合のマイナスポイントは下記です。

 

  • マッチングアプリで足切りされる
  • 付き合ってから劣等感を感じる

 

まず、マッチングアプリの場合は自分の年収以上の男性を探す傾向があります。ここで検索に引っかからないと、いつまでも看護師とマッチングができません。

 

看護師が付き合う男性に「年収」を求めている割合は、20%程度とそれほど高くないです。マッチングアプリの機能ならではの傾向と言えます。

 

次に、自分より年収の高い看護師と付き合って、劣等感を感じる男性も少なくありません。プライドの高い男性だとストレスを感じてしまうはず。

 

80%近くの看護師が、性格や価値観があうことを重要視。ヒモでも構わないという男性には、大いにチャンスがあります。

 

レイ
安定している職業も人気なので、公務員や大手企業のサラリーマンの方は、チャレンジしてみましょう。

 

まとめ:看護師との出会い方

まとめ:看護師との出会い方

看護師との出会い方について解説をしてきました。

 

①:マッチングアプリで出会う
②:街コンや合コンで出会う
③:結婚相談所で出会う

 

上記の方法がありますが、おすすめはマッチングアプリを利用する方法でしたね。効率的に看護師にアプローチをすることが可能。

 

そして、そんなマッチンチングアプリで看護師にアプローチするコツは下記です。

 

①:自己紹介文では寛大さをアピールする
②:看護師以外の職種もアプローチする
③:マッチングアプリは2つ以上登録する

 

看護師と付き合っていくためには、看護師を理解することが重要。毎日忙しく人のために働く看護師にとって、拠り所となるような男性を目指していきましょう。

 

それでは、今回は以上です。

-出会いに関する記事

© 2020 出会いポータル